ポートフォリオ
現在、NEMは以下のプロジェクトをサポートしています。
ポートフォリオ
現在、NEMは以下の
プロジェクトを
サポートしています。

Ample社は、エネルギー削減対策に対して消費者の消極的な態度に不満を抱いて、起業家のアンドリュー・ホーバン氏によって2018年に設立されました。人間行動に関する最新研究とこれまでに実施された主なエネルギーインセンティブとの間に大きなギャップが生じている事を実感しました。

ナッジ理論を利用して社会が環境保護に取り組む支援をするアプリや計測デバイスを使った製品を提供しております。計測機を家庭の電気メーター配線につないで個人情報が設定されたアプリにデータを送信すると、エネルギー消費に関する各種データを提供して、エネルギーの無駄遣いになりがちな箇所を特定します。さらに人間の行動理論を駆使して、消費者が効率的な行動を取るように注意喚起(ナッジ)します。

2018年に設立されたIoDLT社(Internet of Distributed Ledger Technology)は、インターネットオブシングズ(IoT)とブロックチェーンという2つの革新的技術を活用して、シームレスで安全かつ拡張可能なB2Bソリューションを提供します。ユーザーデータのプライバシーやユーザー間のやり取りの安全性を妥協する事なく、中小企業や大手企業でも充実したセキュリティ機能を提供しております。同社の技術は、ヘルスケア、農業、サプライチェーン、エネルギー計測など、幅広い業界で使用されています。

IoDLT社は、ビジネスソリューションの提供に加えて、組み込みデバイスが普及した将来を希望しています。デバイスの保護はどのようなビジネスにも不可欠になります。独自のIoTをお手ごろな値段でブロックチェーンプロトコルに展開する事によって、世界のデバイスを保護します。

Wave Financial Group社(Wave)は、ロサンゼルスとロンドンを拠点とする投資運用会社であり、機関投資家向けデジタル資産ファンド商品を提供しています。経験豊富な金融サービス専門家チームが運営しており、デジタル資産とトークン化された実物資産を多様化した投資戦略を活用して資金を提供します。さらに、デジタル資産エコシステムに関するカスタマイズされたデジタル資産リスク、財務管理サービス、初期段階ベンチャーキャピタルと戦略的コンサルティングなどを希望する富裕層とファミリーオフィス向けに運用口座も用意しております。2020年7月、Wave社はNEM Symbolパブリックチェーンにて初の社会貢献型セキュリティトークンであるKentucky Whiskey 2020 Digital Fundを発行すると発表しました。

Cyclebit社は、小売業者に新たな支払いサービス、デバイス、ユーザー知識を提供する事によって、顧客により魅力的サービスや体験を実現します。実店舗、オンライン、スマホを使ったショッピングでデジタル通貨、クレジット/デビットカード、現金などと言った幅広い決済サービスを導入して、小売業者がお手ごろ価格で使い勝手の良い、信頼性の高いツールをご利用頂けます。グローバル企業として現在カナダ、米国、スペイン、ロシア、ベトナムで事業展開をしており、最新の決済技術を普及させるためのインフラ構築に力を入れています。

SharpShark社は著作権保護や知的財産の譲渡を実現するためにブロックチェーンを利用したタイムスタンプサービスを提供しています。NEMのSymbolに構築されており、テキストや画像の著作権をタイムスタンプ、完全保存、トークン化する事によって保護します。ジャーナリストや学者を含むのクリエイター向けに作られた本ソリューションは、Symbolブロックチェーンにテキストや画像のデジタル署名を発行すると共に、所有権を証明するために所有者情報も発行して、データを不変の状態でオフチェーン保存します。SharpShark社はデジタル時代に向けて公正で公平な著作権とタイムスタンプソリューションを促進する社会を目指しています。

Techemy社は、ブロックチェーン分野のキープレーヤーであり、以下のような子会社を傘下に収めています。
Brave New Coin社:リサーチ、指数ベンチマーク、データビジネスなどを扱っています。Blockchain Labs社:スマートコントラクトとブロックチェーン開発を行っており、分散型台帳技術(DLT)の開発と技術的コンサルティングをする企業です。Techemy  Capital社:ブロックチェーンをメインとした投資会社。Techemy Advisory社:投資コンサルタント会社。Sphere Identity社:グローバルIDプラットフォームを扱う会社。

Propine社はゼロから始まったデジタル証券のために設立された、初のエンド・ツー・エンドの証券サービス会社であり、機関投資家のニーズに対応しています。

2018年に設立され、2019年にシンガポール金融管理局(MAS)の規制サンドボックスに登録されました。独自のデジタル資産管理サービスを提供するため、初の資本市場サービス(CMS)ライセンスが付与されました。同社は、ISO27001認証を取得した世界唯一のデジタル資産管理業者です。

Propine社は、銀行家、サイバーセキュリティ専門家、コンプライアンス弁護士、ブロックチェーンエンジニアで構成されたプロの集団であり、保管、資産サービス、貿易決済、投資家及び規制報告、グローバルセキュリティ発行者などに関連した最新の金融市場や規制動向に適応した幅広いサービスを提供しています。

Mobi社はオーストラリアを拠点とするカーシェアアプリであり、ビジネスパーク、大学、市議会と提携して、社員同士で通勤時にカーシェアを実現します。このアプリは完全に一体化されたプラットフォームであり、決済サービス、GPSマッピング、チャットシステムを駆使してカーシェアをしやすい環境を整備しています。ブロックチェーン技術を統合して、XEM決済でドライバーに支払う機能の導入を計画しています。

Mobi社の長期的計画は、従来の通勤手段に代わる安全でお手頃価格のサービスを実現して炭素排出の削減を図ると共に、NEMを介して職場内のブロックチェーン技術を導入する事です。

 

StakeHound is the #1 liquid staking platform that allows users to earn staking rewards while participating in DeFi. Staked tokens such as stETH, stXEM, and stDASH are 1:1 representations of a staked PoS that distribute rewards daily from the staking of native tokens without the need for minimum amounts or lockups. 

インキュベーター同窓生

消費者は情報収集に関心がある一方、企業は自社ブランドのアピールに熱心的です。しかし、両者ともマッチングするツールがまだないのが現状です。Trackgood社は信頼性が高く、低コストで簡単に導入できるサプライチェーン追跡と影響追跡ツールであり、企業がサプライチェーンの透明化を容易に実現して、顧客により良いサービスを提供する事が可能です。信頼性はNEMのブロックチェーン技術によって支えられています。

LCNEMは、ブロックチェーン、AI、機械学習テクノロジーを介してスマートシティの成長を促進しています。彼らは現在、日本のエンターテインメント業界向けのチケット管理、追跡製品と、日本円に裏付けされたステーブルコインを構築しています。

KarmaPointは、善行や価値に対する報酬として受け取ったデジタルトークンに基づいて、人々と組織の評価レベルを作成します。KarmaPointは、Symbol Blockchainの透明性とセキュリティの下で、コラボレーションと評価の好循環を生み出します。